世界の葬儀は土葬が一般的ですが、なぜ日本の葬儀は火葬がメインなのか説明します。

日本のお葬式

大切な人が亡くなった時、故人を天国へ送り出すために葬儀を行います。
日本では多くが火葬で、それ以外の方法はほぼ活用されないでしょう。
これには仏教の考えや日本の法律が深く関係しているのです。

 

近年では終わりの活動と称して終活を行う高齢者が増えています。
終活の中には葬儀の形態を希望する行為も含まれており、様々な形が模索されているのです。
しかし、日本国内では葬儀の手段は火葬に限定されていると言って良いでしょう。
なぜ火葬が多いのか、日本の葬儀のルールについてまとめたいと思います。

 

日本での葬儀は火葬

日本の法律で推奨されている火葬

 

日本の葬儀はほとんどが火葬で、その割合は軽く9割を超えます。
これには日本の法律や市町村のルールが関係していて、基本的には火葬の選択肢しか無いのです。

 

火葬の場合は告別式が完了してから出棺し、火葬場にて灰と骨になるように燃やされます。
骨を拾い骨壺に収めたら、お墓へ納骨して埋葬が完了します。
仏教では火葬が一般的ですし、墓地のスペースの問題からも理にかなっているでしょう。
法律でも火葬を推奨しているので日本ではほぼ火葬しか行われないのです。

 

お葬式の歴史

 

土葬してもらうことは可能か?

日本ではあまり採用されない土葬

 

さて、日本の葬儀は9割以上が火葬と述べたように、一部の人は火葬を行っていません。
どのような葬儀が行われているかというと、主に土葬となります。
ただし、普通の一般人が庭や森へ土葬を行うと死体遺棄の罪に問われてしまいます。
土葬を行いたいのであれば、まずは住民票がある市町村で土葬の許可を貰う必要があるのです。

 

しかし、土葬の許可を貰える可能性は極めて低いのが現状です。
そもそも市町村では土葬を許可しないという暗黙の了解が存在しており、許可を得られる確率は皆無なのです。

 

では、どうすれば土葬が可能になるのでしょうか?
1つの例を挙げると、キリスト教に改宗し墓地霊園に土葬してもらう方法があります。
宗教を変えることで土葬される可能性を高めることが可能です。
他にも、法律的に土葬して良い霊園や土地を探すなどの手段が考えられます。
高いハードルがありますが、土葬は不可能はないので覚えておきましょう。

 

葬儀は見送り方を工夫する

葬儀と聞くと参列者が悲しみに涙しているイメージが強いでしょう。
ですが、近年ではその価値観が覆されるようになってきました。

 

終活を行う高齢者の中には、葬儀をカラオケ大会にして楽しく天国へ送って欲しいと希望するケースがあります。
好きな映画を上映しながら葬儀を行ったり、お酒と食事で宴会を行ったり、葬儀のイメージと異なる演出が増えています。
日本では火葬する確率が高いですが、通夜や告別式には絶対的な決まりはありません。
考える視点を変えて故人を見送る方法を工夫してみると、新しい発見があるはずです。