現代の日本ではバス型霊柩車が主流です。イギリスでは霊柩馬車が人気です。

霊柩車の種類

葬儀場で告別式が終わると、遺体は火葬場へと運ばれて行きます。
その時、火葬場から遺体を運ぶのが霊柩車です。
遺体を葬儀場から火葬場まで運ぶためだけに存在する霊柩車は、ある意味特別な存在でしょう。

 

葬儀場が近くに無ければ目にする機会はあまり無いでしょう。
また、近年では目立ちたくないという理由から霊柩車だと分からないような工夫もされています。
さて、そんな霊柩車にはいくつかの種類があります。
どのような種類があるのか、霊柩車の秘密に迫ってみたいと思います。

 

姿を消しつつある宮型霊柩車

今はあまり使われない宮型霊柩車

 

自動車の後ろに神輿を丸ごと乗せたようなのが宮型霊柩車です。
黒塗りの車に金色の派手な神輿が乗った形の霊柩車は、本来は遺体を運ぶ大切な意味を持っていました。

 

しかし、現代においては宮型霊柩車を見る機会はまずありません。
宮型霊柩車の存在感は非常に大きく、遠目でもはっきりと認識出来るほどです。
目にした人は身近に死を意識するようになり、日常の生活がとても重苦しくなってしまったのです。
葬儀場と火葬場を通る霊柩車は、自然と移動ルートが固定されて来ます。
その近辺に住んでいる人からすると、宮型霊柩車は印象が良くないのです。

 

そうした市民の声を受けて、今では宮型霊柩車を出入りを禁止する火葬場が増えて来ました。
自治体によっては運用そのものを禁止するほどで、今では幻とも言える存在になっています。

 

主流なのはバス型霊柩車

現代で主に利用される霊柩車はバス型となります。
遺族や僧侶などをまとめて火葬場まで運べるメリットがあり、多くの葬儀場で活用されているのです。
また、見た目も普通の観光バスと変わらないので霊柩車だと知られずに済むのもポイントです。

 

周辺住民へ配慮しつつ利便性を備えたのがバス型霊柩車なのです。
バス型霊柩車は大型バスやマイクロバスを改造して作られるので、性能も問題はありません。

 

シンプルな黒塗りの霊柩車

 

家族だけの葬儀などではバス型霊柩車を使うほどの人数は居ないため、一般的な霊柩車が使われます。
シンプルな黒塗りの自動車で、周囲から知られることなく火葬場まで棺桶を運びます。
その後、遺族は自分の自動車などで火葬場まで移動することになるのです。

 

海外の霊柩車について

イギリスでは霊柩馬車の名残から、馬車に近いデザインが採用されています。
葬儀場へ依頼を行えば2頭の馬をレンタルして、本物の霊柩馬車を走らせることも出来るのです。
伝統的な霊柩馬車には根強い人気があり、イギリスではこうした文化が今も続いています。

 

アメリカでは日本と同様に黒塗りの地味な自動車で遺体を墓地へと運びます。
教会から墓地へと運ぶのに霊柩車が使われますが、基本的に葬儀を行った教会の墓地を利用します。
そのため、教会の墓地までは人の手で運ぶことも多く、霊柩車の存在はあまり目立ってはいません。