お葬式の服装とマナーが男性・女性・子供で違う為、それぞれを解説します。

お葬式での服装

大切な人が亡くなった時、お葬式が行われます。
悲しみにうなだれる中、気になって来るのが葬儀中の服装です。
人生の中で何度も経験するものでは無いので、なかなか勝手が分からない人も多いでしょう。

 

黒っぽい服なら何でも良いのか、どんなマナーや配慮が必要なのか、正式に把握している人は少数です。
亡くなった人を想い、悲しみに暮れているにも関わらず、周りから変な目で見られるのは本意ではありません。

 

そこでお葬式に着て行く服装について解説したいと思います。
男女でどのような違いがあるのか、そして子供の場合はどのような服装にするのか見てみましょう。

 

男性の場合の服装

お葬式の男性の服装

 

基本的には黒いスーツを着て行けば問題無いでしょう。
派手なものは避けて、Yシャツは白に無地が葬儀の場には合っています。

 

特に意識したいのが無地で黒いネクタイをして行くことです。
真っ黒のネクタイはあまり持っていないと思いますので、葬儀用に1本は購入しておくと良いでしょう。
靴も黒いものにして、全体的に黒い服装にしてみましょう。

 

ちなみに、派手なアクセサリーや時計はマナー違反です。
ピアスやネックレスなども葬儀の場では外すように心掛けてください。

 

女性の場合の服装

お葬式の女性の服装

 

女性も男性と同様に黒い衣装でまとめて行くのがマナーとなります。
黒いスーツでも良いですし、黒いワンピースを着て行くのでも良いでしょう。
どちらも地味で光沢が無いようなものを選ぶと場の雰囲気に馴染みます。
スカートを履いて行くなら黒いタイツを履くのも効果的です。
葬儀の場でミニスカートは場違いなので絶対に止めましょう。

 

バックや靴も原則は黒いものを持ち歩くようにしてください。
アクセサリーを付けるのも避けて、髪飾り等が必要なら黒の地味な物を選ぶと良いでしょう。
化粧についても薄めにしておくのがマナーとなります。

 

子供の場合の服装

お葬式の子供の服装

 

子供の服装も大人と同じで黒をベースにすると良いです。
無ければ濃いグレーなどで代用しても問題ありません。
赤ちゃんも同様で、なるべく地味にして行くのが良いですが、そこまで配慮しなくても大丈夫です。

 

ちなみに、中学生や高校生なら学校の制服を着るのが正装となるので覚えておいてください。

 

黒をベースに地味にする、それが葬儀の場でのマナーとなります。
ですが、こうしたマナーは建前であり、地味な服装であれば何でも良いというのが本音です。
故人への追悼の意を示すことが出来れば、地味な服装で参加しても大丈夫でしょう。
ただし、周りが不快に感じる恐れがあるので家族葬など親しい人だけのお葬式に限った方が無難です。
服装よりも故人を想う気持ちを大切にして、お葬式へ参加してください。

 

日本の墓制について